「WWDC」タグのついた投稿

 

ご無沙汰しております。
更新が滞ってしまっているにも関わらず、毎日たくさんの皆さんにご訪問頂き大変光栄に思っています。
今後ともこのマイペースなブログを宜しくお願いいたします。m(__)m

 

更新していない間にも、AppleからNew iMacが発売されました。また、WWDCを来月に控え、このところ色々な噂も出てきました。

来週辺りにApple Storeの10周年を記念して内部的に Apple Store 2.0と言われる直営店の大幅なイメージチェンジを行うようですし、カリフォルニア州サンタクララにあるDuPont Fabros Technology施設の約1万1000平方フィート(約1022㎡)のデータセンタースペースについて7年間のリース契約を結んだと言う噂も出てきました。音楽レ−ベルとの契約も順調にいっているようですので6月の発表内容が益々楽しみになってきました。

 

さて、本題です。以前からこのブログで応援させて頂いている「kizuna311」さんにコンテンツが大量に増えていたので、先ずはそちらからご紹介します。

 

コンテンツは、松田龍平さん、中井貴一さん、エドワード・ノートンさん、森山未來さん、渡辺謙さんの朗読や手紙等が追加されていました。

 

その中から、先ずは34名のアメリカで活躍するセレブたち(俳優、監督、ミュージシャン、アーティスト、スポーツ選手等)が日本の東日本大震災における復興支援­のために、メッセージを発信してくれたム−ビ−をご覧下さい。

 

 

 

 

■参加メンバー(登場順)

コビー・スマルダーズ(女優)、ウィリアム・シャトナー(監督・俳優)、ジェイミー・リー・カーティス(女優)、アポロ・オノ(スケート選手)、ジョン・レジェンド(ミュ­ージシャン)、キャメロン・ディアス(女優)、マシ・オカ(俳優)、マット・デイモン(俳優)、ステフ・ソング(女優)、ジョン・トラボルタ(俳優)、ポーラ・アブドゥル­(ミュージシャン)、リチャード・ルイス(俳優)、工藤村正(画家)、ケイティ・ペリー(ミュージシャン)、ジョナ・ヒル(俳優・脚本家)、シャロン・ローレンス(女優)­、フィリップ・シーモア・ホフマン(俳優)、アイシャ・タイラー(女優)、アマウリー・ノラスコ(俳優)、シャーリーズ・セロン(女優)、松井秀喜(メジャーリーガー)、­エレン・デジェネレス(女優・コメディアン)、ジュリアン・マクマホン(俳優)、ロバート・パトリック(俳優)、マギー・Q(女優・モデル)、ミカエル・ハフストローム(­監督)、クリント・イーストウッド(監督・俳優)、ジェニファー・モリソン(女優)、キリアン・マーフィー(俳優)、ロブ・マーシャル(監督・振付師)、ゾーイ・サルダナ­(女優)、マーク・ウォールバーグ(俳優・ミュージシャン)、レオナルド・ディカプリオ(俳優)、ジェイク・シマブクロ(ミュージシャン)と言う凄い顔ぶれです。

 

そして、渡辺謙のアメリカ在住スタッフの呼びかけによって集まった、サンフランシスコからのメッセージを収録したム−ビ−をご覧下さい。

 

 

 

 

BGMは、ギタリストの押尾コータローさんが賛同され、提供された楽曲「ちいさな輝き」だそうです。

 

最後に、岩崎宏美さんが、「聖母たちのララバイ」をアコ−スティックバ−ジョンで唄われたム−ビ−をご覧下さい。

 

 

 

 

唄の最後で、岩崎さんが感極まって涙声になっているのがとても印象的です。

 

今後も、このサイトを応援していきたいと思っています。

 

そして、もう一つのテ−マである「記憶」なんですが、グーグル日本法人が、東日本大震災の被災地を対象に、「未来へのキオク」と題した投稿サイトをインターネット上に開設しました。

 

 

 

今回の震災や津波により、被災地では街の風景だけでなく、多くの思い出の写真や動画などが失われました。そこで、地元の住民に残された写真や思い出を投稿してもらったり、過去に旅行などで訪れた遠方の人に動画や写真を投稿してもらったりして、グーグルのデータセンターに「記憶」として残そうという事で、このサイトを開設したそうです。

 

投稿時に撮影した場所や日時も入力でき、6月上旬にはサイト内の地図などから投稿された情報を検索できるようにし、投稿された動画は、動画投稿サイトのYouTubeでも視聴できるそうです。

グーグルが震災前の街なみを撮影した「ストリートビュー」や衛星から空撮した写真の長期的保存を望む声も多いため、同社広報は「できるだけ保存する方向で検討していく」としているとの事です。

 

サイトは、5月下旬から公開予定との事です。参加方法等はサイトで確認して下さい。

 

とても素敵な試みだと思ったので、ご紹介させて頂きました。

 

今後も、このシリ−ズは出来るだけ続けていきたいと思っています。

 

ついに、iPhone 4が発表されましたね。

デザイン等はリーク時のものと変わらず、インパクトはありませんでしたが流石に Apple のプロダクツと言う感じで、随所に素晴らしいポイントが多く見られました。

5Mの内蔵カメラは今ではスペック的には驚くべきものではありませんが、スペックだけでは語る事が出来ないようなインターフェイスと機能が発表されました。その一つが、「Face Time」と言うTV電話機能です。しかも、フロントとリアのカメラを通話中に切り替えられる等の Apple らしい演出も。

機能や、iOS4については、他の方のブログでもご紹介されているので、このブログなりの切り口で。。。

上記のビデオは、発表時にも「Face Time」の説明時に流されたものですが、このビデオがとっても素敵なんですよねぇ。

内容は、 iPhone 4 の画面を通して家族や友人、恋人が会話を楽しんだり、孫の様子や、おなかの中の赤ちゃんを写して喜びを届け、分かち合っていると言う映像なんですが、日本でこの手のビデオを作ってもこんな感じにはならないと思うのです。

勿論、使用されている Louis Armstrong の「When You’re Smiling」が、その辺の情感を更に引き立ててくれると思うのですが、
僕はこのビデオを見ていて「 Apple って人々に笑顔を届けてくれる会社なんだなぁ。。。」と思ったのです。

これって、凄く素敵な事ですよね。以前「iPadを買って、子供の時のようにわくわくしよう!」と言う記事を書いた事がありますが、ワクワクさせてくれたり、笑顔にしてくれたり Apple の製品に出会い、常に新しい製品を追いかけ続けているのは、こう言う感覚を常に製品とともにユーザーに届けてくれているからなんでしょうね。

*同じように感じた方も多いようで、「林囓」さんはこのビデオを見て、お嬢さんが生まれた時の事を思い出されたとの事。こちらも素敵なエピソードなので、リンクからたどって読んでみて下さい。

最後に、Steve Jobs が「私たちはテクノロジーの会社で最高の技術を生み出しているが、常に「人間らしさ」とともにある。ハードとソフトが一緒に機能する。新しい機能がただ追加されただけではない。」と語っている事が全てを表しているように思えます。

田園 Mac ~Mac Pastorale~のzackyさんの訳を引用させて頂きました。

では、また〜(^-^)