「USTREAM」カテゴリーのアーカイブ

出典  distillery.s3.amazonaws.com

出典  distillery.s3.amazonaws.com

最初に、今回の東日本大震災により犠牲となった方々には、ご冥福をお祈り致します。

未だに安否が分からない方には、一人でも多くの方が一刻も早く無事が確認出来るようお祈りしております。

また、震災により負傷された方々、避難されている方々には、お見舞い申し上げます。

一昨日の東日本大震災が起こってから、自分にも何か出来ないかと色々考えておりました。

僕は、たまたま地震のあった時には家におり怖がる母親の面倒を見ておりました。幸い、仕事で出ていた父も妹も無事だと連絡が有りました。

当日の夜は、交通機関の運航停止により帰宅出来ない方に何とかお手伝い出来ないかとMacbook Air にかじりつき、Twitterで避難所を設けているホテルやお店の情報を迷惑なくらいRT しまくり、頑張ってるフォロワ−さんに声をかけたりするしか出来ませんでした。

しかし、改めて iPhoneやiPadの有り難さが分かった気もしました。

海外からもたくさんの支援の申し出が有ったことも大変有り難い事だと思っています。

特に、 「日本は、今まで世界で助けを必要としている人達に対する最大の支援国をしてきた国の一つだ。国連は日本国民と共にある。今度は私達国連の番だ。我々は全力を尽くす。」と言う国連の潘事務総長の声明もとても嬉しく泣きたくなるくらいでした。

しかも、USTREAMやニコニコ動画で主要メディアが、TVやラジオのない方への放送を行った事も勇気ある行動だと思いますし、今後のメディアのありかたの変化への1歩になったのではないかと感じました。

また、トップの写真もそうですが海外の多くの方が「Pray For Japan」と言うテ−マで写真をアップしてくれています。

そして、当日の心があったかくなるお話のツイ−トをまとめた「日本がんがれ! – IDEA*PAD

これを読んで、日本人ってまだまだ捨てたもんじゃないなって思いました。

で、出来る事はないかと思っていたらFacebookで、今日「転載協力願いますっ!!|GIFUで働く社長のブログ」と言う記事を見つけました。

緊急連絡先や、応急救護についてリンク先等をまとめてくださっているものです。

ブログを持ってる人は、転載して一人でも多くの方に伝えて下さいと言う趣旨に賛同し、転載したいと思います。

(以下、全てではないので詳細は上記リンクで内容確認して下さい。また加筆もしています。)

■ツイッター上で相談に乗ってくれる医師の方々

@gensann @shigehira @atsushimiyahara @yujirokon @tonishi0610 @psychiatrist_uk

■伝言ダイヤルの使い方

●被災者の方

1.伝言ダイヤル「171」を押す  2.「1」を押す  3..自宅の電話番号を押す  4.伝言を録音する

●安否を確認したい方

1.伝言ダイヤル「171」を押す  2.「2」を押す  3.安否を確認したい方の電話番号を押す  4.録音された伝言を再生する

※携帯電話からもご利用いただけます。

■携帯各社の伝言ダイヤルです。

au:⇒ http://bit.ly/eoeUc2

docomo:⇒ http://bit.ly/hF2BHS

SoftBank:⇒ http://bit.ly/eoeUc2

イ−モバイル:⇒ http://bit.ly/eY2sIe

■救出救助などに関してです。渋谷区の防災から転載

*救出救助と応急救護

地震では、倒れた建物や家具の下敷きになる人が出ることが多くあります。 早く助け出さないと、死んでしまいます。 しかし、多くの生き埋めやけが人が発生する震災では、防災機関(警察・消防)だけですべての現場に対応することは困難です。 そのとき、そこにいる人の手で、救出・救助・救護活動を始めましょう。 救出作業は、ひとりではできません。多くの人手があるほど、救出作業は楽になります。 直接作業にあたる人はもちろん、作業の助けになる資器材を探してくる人、治療が可能な医療機関を探す人など、まず、多くの人を集めます。

*救出救助

埋まっている人に声をかけ、様子を確かめます。 救出の妨げになるものから、順に取り除いていきます。重い物を持ち上げるときは、複数の手で、声を掛け合い、ゆっくりと。 救出作業にあたる人の安全には十分な注意が必要です。できれば、少し離れた場所に人を置き、全体の様子(落ちて来そうな物、倒れて来そうな物、火災など)を見てもらいます。 複数の人が埋まっていることがあります。常に、「もうひとりいないか?」を意識しておきましょう。
工具のある家庭や商店、工事現場などを知っていたら、協力を仰ぎましょう。 また、建築の仕事についている人を知っていたら、協力を仰ぎ、その指示を聞きます。

*応急救護

救出された人は、けがをしている場合がほとんどです。 生き埋めでなくても、けがをする人がたくさん出ます。 早い手当が命を救います。 応急手当講習 を受けていると、人の命を救うことができます。安全な場所を確保し、けが人を移します。

大きな出血があるときは、なるべくきれいな布をたくさん集めてください。 出血しているところに布を当て、強く押さえます。 この「直接圧迫止血」が基本です。 出血が止まらなかったら、さらに上から布を当て、圧迫を続けます。 ビニール袋に手を入れるなど、直接血液に触れないようにすることで、血液からの感染症を防ぐことができます。 手足の切断や、複雑な骨折を伴う出血など、直接圧迫できないとき、止血帯という方法もあります。この方法については、応急手当講習を受けてください。

ガラスなどが刺さっているときは、むやみに抜かないほうが安全です。 抜いたとたんに、大きな出血を起こすことがあります。 また、鉄片などの場合、先が曲がっていて、傷を広げることもあります。 三角巾やタオルで、刺さっているものが動かないようにします。

骨折しているときは、骨折している部位に副木を当て、上下を固定します。 副木がなければ、丈夫な、板状・棒状の物を使います。傘・丸めた雑誌などでもかまいません。 できれば、骨折している部位の上下の関節の先を固定します。 例えば、肘と手首の間(前腕)を骨折していたら、手のひらと力こぶのあたりを固定します。

意識がないときは、意識がないと、舌がのどを塞ぎ、呼吸ができなくなっていきます。 気道を確保して、窒息を防ぎます。額に手を当て、顎を持ち上げて、頭を反り返らせるようにします。 さらに、呼吸や心臓の動きを確かめ、必要ならば心肺蘇生(人工呼吸と心臓マッサージ)をします。具体的な方法は、応急手当講習を受け、学んでおきましょう。

*医療機関への搬送

同時に多くのけが人が発生する震災では、救急車も、すべての現場に行くことは困難です。 医療機関に運ぶ必要があるときは、そこにいる人の手で搬送します。 毛布や物干し竿を使って、応急担架を作る方法もあります。防災訓練に参加し、学んでおきましょう。 協力して、治療が可能な医療機関を探します。まずは、近隣の医院を、また、一時集合場所など、人の集まる場所で情報を得てください。避難所施設(小中学校)には、順次、医療救護所が開設されます。

*トリアージ

同時に多くのけが人が発生する震災では、医療機関も、すべての患者に対応することは困難になります。 ふだんなら、診察は受付順に受けられます。 しかし、震災などの災害時には、「命にかかわる状況で、治療により助かる可能性が高い人」から順に治療せざるを得ません。 打ち身、捻挫や静脈からの出血などの治療は、後回しにせざるを得ません。家庭の常備薬や、避難所施設にある救急箱を利用し、自分たちで手当します。

■リンク

人探し :Google Person Finder全国非難場所一覧東京都内避難場所map携帯で見れる地震情報サイト

【簡易トイレの作り方】

便器の中にビニール袋を二重に入れ、口の部分の一部を管などに括る。ビニール袋の中に新聞紙を入れ、消毒液を入れるか、スプレーする。必要に応じてビニール袋を替える!水がなくても大丈夫!阪神淡路大震災の時、自衛隊員から伝授されました

【iPhoneのアプリ】

Radio JP」 電池さえあれば停電してもNHKとかのラジオ聞けます 。

ゆれくるコ−ル for iPhone」 自分の住所設定して通知レベルを震度4に設定 上手くいけば地震が到達する前に音付きメッセージが表示されます。

家庭の医学」が地震支援で無料になっています。

登録が必要ですが、「Skype」や「Viber」は、Softbankの電話が使えなくても通話が出来たようなので入れておくと良いでしょう。

また、「iPhone女史」さんが災害関連アプリ情報をまとめて下さっています。

最後に、消防隊員の方からのお願いです。

被災地の皆様、貴方達を助けるために我々の同胞達も頑張っています。必死に頑張っています。緊急車両に道を開けてあげて下さ い。逃げたいのは皆同じです。でも、貴方達は逃げれます。私たちは今逃げる道を無くした人達の救助に向かっています。開けて下さい。

また、献血に関しては、阪神淡路大震災の経験者の方の情報によると、震災後直ぐは献血に殺到する方が多いのですが、血液の鮮度の問題もあり、多くの血液が無駄になったそうです。実際血液が足りなくなる4週間後位がベストのようです。

これは、献血を次回するまでに数週間空けなければならないことにも関係しているようです。

以上、少しでも役に立つように記事にしました。

一人でも多くの方の命が救われ、これ以上の被害が出ない事をお祈りいたします。

前の記事で USTREAMにハマっている事を書いたのですが、ちょっと技術的に難しい話題でしたので、改めてこんな事が出来るって事を書きたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、簡単に言うと、USTREAMでは、パソコンやiPhoneから生放送が出来ます。上のビデオは、車を運転中に僕が実験的に生放送したものを録画しておいてYouTubeにアップしたものなんですけど、  凄いでしょ?

実は、昨日秋葉原で買い物をしてiPhoneをエアコンの吹きだし口に取り付けれるようにしました。取り付けてみるとまさに車載カメラになるではないかと言う事で、ついでにお試しでやってみようと思って放送したのです。 (笑)

iPhoneには、Ustream Live Broadcasterと言うアプリケーションが入れてあるのでそれを立ち上げ、ビデオを撮るように録画ボタンを押すだけで生放送が出来ちゃうのです。(使い方については、他の方が説明されているので省略します)

設定で、Twitterにも放送している事をお知らせするポストが自動的に流れるようになっていますが、英文で「I’m broadcasting, from my iPhone, live on Ustream. Come watch! :URL」と出るだけなので、内容はあらかじめTwitterでこれから放送する内容をポストしておいた方がよいと思います。

それにしても凄いでしょ?
昨日は、あいにく土曜の夕方だったので見ている方は、1人とか2人とか言う悲しい状況でしたが。。。(笑)

ただ、録画されたビデオを確認したところ、電波の状況なのか何回か映像が途切れてしまったりいたりしたので、まだ何回かテストをしてみないと仕事で使用するには支障が出来きてしまいます。 回線は、iPhoneの3G回線を使用しています。WIFIであればまたちょっと違った感じになるかもしれません。昨日は、Pocket WIFIを持っていかなかったのですが、Pocket WIFIだとどうなるのか次回テストしてみたいと思います。

テストは、秋葉原周辺から、四谷を通り、渋谷で終わると言うものでした。やはり街中で、灯が綺麗な所の方が見ていて楽しいですね。あと、一応実況中継的に僕が場所とか建物とかを説明しているのでそれも楽しんで下さい。(^-^)

それと、後で気がついたのですが、BGMがなかったので映像的に寂しいですね。
僕の車は、カセットしかついてない旧式のカーステレオなので、iPhoneを使っての中継中は音楽が流せないので、ラジオでもつけていれば良かったなぁと思いました。(笑)

しかし、何でも生放送出来ちゃうのは面白い。生放送する事によって例えば同窓会や結婚式等のイベントに出席出来なかった人が同時にパソコン上で中継を見れたり、後で録画されたビデオを見れるって言うのは凄い事だと思います。勿論、プライバシーの問題もあると思いますので、色々試してみてやってみたいと思います。

とこんな感じで、少しずつではありますが、準備を始めていますので、ご協力の程宜しくお願いいたします。

最近は、こんな事にハマっています。と言うご報告もかねて。(笑)

定かではないが、去年の4月くらいから Twitter を始めハマってしまい、他のSNSにはさっぱりログインしなくなってしまった。

iPhone との相性が良すぎなのも手伝って、一時期は仕事中もやってるくらいだった。さすがに、仕事中はまずいので、日中のログインは控えるようにしたが、未だに気になってしょうがないのが事実である。

ソフトバンクの iPhone 販促キャンペーンとの相乗効果もあると思うが、iPhoneの売れ行きが昨年末から今年の始めにかけて拍車がかかった事の要因の1つに実はTwitterが大きく関わってると僕は思う。実際、僕のTL上でも「やっぱりiPhone買おうかな」とか、「買った」とかのポストが目立つ。そう言う意味では、お互いのサービスにとってすごくタイムリーだったわけだ。

Twitter がマスコミでもかなり話題になり、ビジネスにも使いようによって(Twitter導入時のメリットとデメリットについては他に書かれている方も多いので割愛する)はかなり使える事から、今では、毎日のようにTwitterのビジネスでの導入についてのセミナーがあちこちで行われている。

話は変わって、テレビっ子だった僕が、最近はテレビをあまり見なくなった。部屋には、テレビがあるのだが、かなり前からDVDのモニター化してるし、番組を見るのは大好きなF1の中継くらいになってしまっている。勿論、食事時やその他の時間にはキッチンにあるテレビは見るのだが。。。今は、ブラウン管のTVだが、買い替える時は、iMacの27インチでいいんじゃないかと本気で思っているくらいだ。導入は、まだ先になると思うけど。。。

そこに、更に拍車をかけるサービスが登場したのだ。最近ハマっている、USTREAM (以下、Ust)だ。

Ustは、何となく気にはなっていたしいくつかの放送は見ていたのだが、どっぷりハマるのを決定づけたのは、多くの人がそうであるように、ソフトバンクの決算報告の様子をUstの中継で観た事だった。孫社長のプレゼンの上手さやUstへの出資等の話題にも勿論ビックリしたし、インパクトもあったが、やはり感じたのはUstの凄さと連動して流れるTwitterのTLでの発言がリアルタイムに流れていくことにかなりショックを受けた。しかも、その後 孫社長は、TwitterのTL上でUstスタジオを作る事に対して即答でOKし、その方向で動いている事も凄い事だ。

最近は、Ustの放送が増え、あっちへ行ったりこっちへ行ったりしているものだから、中々他の事が手に付かない。 Ustを見ていてつくづく思うのだが、来年の地デジへの本格的な交代時期を目前にして、地デジで言う双方向って実はこういう事なんじゃないかと思うのだ。勿論、放送されている内容にもよるのだが、これほどリアルタイムに情報を得られるメディアは他にはないのではないだろうか?先日は、朝方だったが、タイガーウッズのCBSの記者会見もリアルタイムに見れたし、世界規模でこんな放送を見れてしまうのは、ある意味恐ろしい事かもしれない。ある意味、メディアの人間の方が驚異を感じているかもしれないが。。。

ラジオの方でも、J-Waveのナビゲーターである DJ Taro氏の番組を筆頭に徐々に Ust と Twitter を導入するケースが増えつつあるようだ。DJ Taro氏は、かなり使いこなしていると思うのだが、ご本人はまだまだ満足が行かないらしく、放送時間以外でも実験的にUstで試験放送しながらどんどんチャレンジし続けているのは凄いと思う。勿論、放送中のCMや曲は著作権の問題から Ust には流れないのであるが、曲間やCM中のパーソナリティーの様子も放送されているので、出ている本人は気が抜けない。もともとラジオのDJって自分で曲をかけて電話に出てとスタジオで一人でオペレーションするのが当り前だったが、Ust や Twitter を使う事によって違った形でワンマンでオペレーションしながら番組を進行していく方向に変化したきたと思う。しかし、生放送中にあの早いTLの流れを追っていくのは大変だろう。DJ Taro氏曰く、動体視力がアップするらしい。(笑)

それにしても、Ust はラジオとの相性が抜群に良いと思う。それを実感したのは、DJ Taro氏の番組も勿論そうだが、TOKYO FM の「DIARY」をケツダンポトフのそらのさんがダダ漏れした時だった。何気なく知ったその放送を見ていた時に思ったのだが、番組では、Twitterは導入していたが、Ust 初体験のパーソナリティーの Chigusa さんが放送中に普段とは違う Ust との同時放送を体験する事によって少しずつ変化していくのが僕的には凄く面白かった。もしかしたら、リアルタイム性の高いラジオの方がTVよりも早く「放送とネットの融合」ってヤツをどんどん取り入れて行ける分早いかもしれないし、ラジオへユーザーが戻って来るきっかけにもなるかもしれない。

そらのさんのダダ漏れでは、事業仕分けの会議を中継したり、記者クラブに突撃し亀井大臣にTL上の質問をぶつけたりしている。リアルタイムで、編集の出来ないUstだけにマスコミの報道にも影響を及ぼしそうだ。

ちょっと過激な提案だが、国会の討論等は、Ust で中継すればもっと良い刺激が議員の方にも与えられるかもしれない。

と思っていたら、ついに「第一回 朝までダダ漏れ討論会、略して『朝ダダ』やります!」とのこと。<1部司会> 田原総一朗氏、<2部司会> 津田大介氏に豪華ゲストを迎え、10/02/28(日)19:00-25:00に放送するそうなので楽しみである。元祖、某局の番組とどう違う事が出来るのか?是非、みなさんも見てはいかがだろうか?

実は、僕もUstを使って何かを始めたいと思っていて、チャンネル登録をした。上のサムネールの写真がそうなんだけど、まだ何もしていないのが現状だ。映像や音楽の仕事をやってきたからかえって色々余計な事を考えすぎてしまっているのかもしれない。

しかし、何かしらはしかけていきたいとは思っているのでその時にはご強力下さいね。宜しくお願いいたします。