「Soundtrack Pro」カテゴリーのアーカイブ

 

今日は、久しぶりに音楽用の周辺機器をご紹介します。

プロフェッショナルの世界では、そのサウンドクォリティ−で定評のある、Apogee Electronicsから、「Duet 2」が発売されます。

 

 

 

先ず、Duet2のム−ビ−をご覧下さい。

 

 

 

 

2007年にリリースされ、バスパワー対応のオーディオレコーディングデバイスの中で代表的なモデルとなった「Duet」は、多くのミュ−ジシャンやエンジニアに使用されてきました。ただ、2in/2outのFireWireオーディオインターフェイスであった為、使用出来るマシンが限られていました。

今回、発売される「Duet2」では、より多くのMacで使用出来るようにUSB2.0を採用し、サンプルレートも最大192kHzに対応しています。

最新のコンポーネントやフラッグシップモデルであるSymphony I/O開発の経験により、さらに透明度の高いサウンドデザインが成されています。

また、Mac専用にデザインされているので、Apple Logic、Soundtrack Pro、GarageBandからはダイレクトなコントロールを実現し、Pro Tools、Ableton Live、CubaseなどのCore Audio対応アプリケーションでの動作も可能です。

 

また、高解像度のフルカラーOLEDディスプレイを搭載し、エンコーダノブの両脇に配置された2つのタッチパッドは、アウトプットファンクション(ミュート、ディマー、モノサミング、ヘッドフォンソースの切換えなど)への素早いアクセスを可能にします。

スピーカー出力とヘッドフォン出力を独立して扱えるようになったことで、各アウトプットは、1-2または3-4または低レイテンシミキサーのいずれかのペアをアサインすることが可能であり、それぞれステレオ、モノ、ミュート、ディマーに設定できます。これにより、DJプレイやライブユースにも対応可能です。

 

 

 

主な仕様は、以下の通りです。

  • USB 2.0 Mac専用オーディオインターフェイス
  • 2つのコンボ入力端子(ライン/マイク/ギター)
  • 2つのバランス型ライン出力、+20dBuの最大出力レベル
  • 1/4″ステレオヘッドフォン出力
  • 最大75dBゲインを持つ2つのマイクプリアンプ
  • 24-bit/192kHz対応のA/D、D/Aコンバージョン
  • 高解像度のOLEDディスプレイ
  • マルチファンクションコントローラノブ
  • 2つのアサイン可能なタッチパッド
    • スピーカー、ヘッドフォンまたは全てのアウトプットのミュート
    • ヘッドフォンへのアサイン(アウトプット1-2、3-4または低レイテンシミキサー)
    • スピーカー、ヘッドフォンまたは全てのアウトプットのディマー
    • スピーカー、ヘッドフォンまたは全てのモノサミング
  • 48Vファンタムパワー、Soft Liimt、フェイズ反転の選択
  •  

    2つの1/4″ギター入力、2つのXLRマイク入力、2つのXLRバランス出力を搭載した別売りのアルミニウム製のブレークアウトボックスも用意されています。

     

    また、AppleのiPad用アプリで1位を独占している「GarageBand for iPad」のム−ビ−に採用されている同社のiPad、iPhone、iPod touch、Mac用ギターインプット「JAM」も4月に発売予定です。

     

     

    では、「Jam」も登場する「GarageBand for iPad」のム−ビ−をどうぞ

     

     

     

     

    主な仕様は、以下の通りです。

    • PureDIGITALテクノロジーによる音質劣化の少ないサウンド
    • エレクトリックギターおよびベース用の設計
    • 煩わしいセットアップ要らず
    • iOSデバイスのGarageBandまたはMacのCore Audio対応アプリケーションで動作
    • 簡単にインプットレベル調整が可能なコントロールノブ
    • ステータスや入力レベルのモニタリングができるマルチカラーLED
    • 最大40dBゲインのハイクオリティギター用プリアンプ
    • iPad、iPod touch、iPhoneのDockコネクタまたはMacのUSBポートへのダイレクト接続
    • 44.1kHz、24-bit ADコンバージョン
    • 適正レベルを得るためのオートSoft Limit機能
    • iPad、iPhone、iPod touch、Macからの電源供給
    • Made in the U.S.A

     

    いかがでしたか? 日本でのiPad2の発売はまだ未定ですが、たった¥600でこんなに楽しめるアプリが手に入るなんて素敵ですね。

    以前ご紹介した「iRig Mic 」や、今回ご紹介したような周辺機器が出そろってきたのでiPadでの音楽制作も益々楽しくなりますね。

     

    6月には、WWDCが開催される事が発表になりましたし、元気になった Steve Jobsのプレゼンも期待出来そうですし、今後が楽しみです。

     

    では、また〜(^-^)/

    広告

    iPadのiOS4.2の新機能として、マルチタスク、AirPrint、AirPlay等が注目を浴びていますが、実は音楽系アプリにとって重要な機能が進化しているのをご存知ですか? MacではおなじみのCoreMIDIと言う機能がiOS4.2から正式にサポートされているんです。

     

     

    CoreMIDIとは、もともと2002年にリリースされたMac OS X 10.2(Jaguar)でCoreAudioとともにサポートされたMIDIのドライバ機能で、Mac OS Xがサポートするドライバを含むMIDIの基本機能の事を言います。ただ、現在では機能も変化してきてiOS上でのCoreMIDIとは、簡単に言うと、MIDIキーボードやMIDIインターフェイスをiPadやiPhoneへドライバ不要で接続できる機能となっているようです。

    今日は、そのCoreMIDIでどんなことが出来るかをYouTubeのムービーをご紹介しながらご説明します。

    対応アプリがまだ少ない事もあり、今後のアップデートで対応アプリが増えることによって更に色々なことが可能になると思いますが、今回は、現状対応しているアプリでのご紹介です。

    先ずは、iPadのシンセアプリの代表的なアプリの一つYonacSoftwareのminiSynth PROでCoreMIDIを使ったデモ曲です。

    このムービーは、iPad Camera Connection Kit経由でM-Audio Oxygen 49 MIDIキーボード/コントローラーを使いminiSynth PROで制作されたものです。ドラムパートは、同じくYonacSoftwareのminiDrum PROを使用しています。

    勿論、iPad単体での演奏も今まで通りに可能なのですが、MIDI経由でキーボード等を使う事で表現力の幅が広がります。つまり、iPadのアプリを音源として使う方法ですね。

    続いて、iPadから多くの代表的なDAWソフトをコントロール可能なSaitara SoftwareのAC-7 CoreをWiFi経由でAppleのFinal Cut Studioに同梱されたSoundtrack ProでオーディオエディットしてFinal Cut Pro上に移動して同期させるデモのムービーです。最初に、WiFi設定の説明がありますが、驚くほど簡単です。

     

     

    また、マルチタスクが可能になったことにより、アプリをいくつか同時に立上げて曲を作ることも可能です。

    このムービーでは、Tiv StudioのBeat Vibe for iPadでリズムパートを作成しループさせながら、SonosaurusのThumbJamでキーボード等を入力し、最後にYonacSoftwareのminiSynth PROでメロディーを弾くと言うデモをしています。

    このように、iPadがCoreMIDI対応になったことで音楽制作の幅がまた一つ広がった気がします。

    こう考えると、時期iPadにUSBポートが搭載されるのもうなずけるかもしれません。

    良かったら、試してみて下さい。

    では、また〜(^-^)/