「Apple TV」カテゴリーのアーカイブ

この数日、Appleからそろそろ色々発表がありそうだと言う噂でもちきりですね。今週から来週にかけてはかなり面白い状況になりそうですね。

先日、「SONY’S ” Music Unlimited powered by Qriocity ” : ユ−ザ−の権利、権利者の義務! 」と言う記事を書きましたが、現在CDやDVDの売り上げ減少はかなり深刻な問題なっています。

実際、日本のTVドラマやアニメ、ゲ−ム等も売り上げの見込めるヒットした原作を基に映像化したりしているのが現状です。

ハリウッドでも、多額な製作費を回収する事情もあって経済的なリスクを軽減する目的で、すでに観客が慣れ親しんだベストセラーの小説や、ゲームなど、既存の原作に頼ったり、リメイク物が多くなってきています。

 

 

昨日、何故かたまたまTwitterでフォロ−されたアメリカのファウンダ−のブログで発見した面白いム−ビ−があったのでご紹介します。

先ずは、ム−ビ−をご覧下さい。途中、1回スタッフロ−ルが出て終わりそうになりますが、その後もう1本続いて紹介されています。

このム−ビ−は、GoodieBag.tvで、Producer/Writer/DirectorをしているInternet filmmakerのKirby Fergusonの作品です。

「創作のクリエイティヴな仕事は必ず、作り手が過去の作品から影響を受け、それらに触発されて、自分も創造に及ぶのだから、出来上がる創作物はすべてリミックスである!」というロジックを4本のビデオで証明してみせるドキュメンタリーシリ−ズ「Everything is a remix」の中の1本です。

Part.2がアップされたばかりですので、今後残りの作品がアップされたらまたご紹介したいと思っております。

ム−ビ−は、10分弱と言う長いものですが、見てても飽きないし、英語の解説でも十分わかる内容ですので、iPad等で気軽に見るには丁度良いのでは?

彼によると、先ず過去10年間の各年のBEST10ヒット映画を足した合計100本のうち、74本が何らかの原作物か、あるいは続編であって、オリジナル映画ではなかった…という事実を述べています。
そして、それらの既存の原作にもとづいた…と明らかに言える大多数の作品の中でも、プリンセス・エイミー・アダムスの「ジュリーとジュリア」(2009年)や、おもちゃ→アニメ→実写映画と発展した「トランスフォーマー」シリーズなどを例にあげ、原作モノの中でも、さらに原作のリミックスが行われていたことを指摘しています。
彼は、SF映画の大ヒット作である「STAR WARS」シリーズの第1作目「Star Wars Episode IV: A New Hope」(1977年)が、映画をはじめとする既存の創作物から、素材の断片を寄せ集めたリミックスに過ぎないと言う事を、具体的に例をあげながら説明しています。

後半は彼いわく“マスター・オブ・リミックス”として、Quentin Tarantinoの「Kill Bill」を紹介しています。

勿論僕は、George LucasもQuentin Tarantinoも映画制作に影響を受けた先人達の作品に敬意を払ってオマ−ジュ的に使用しているのだと思っていますが、ここまで似ているカットやシ−ンがあるとは思いませんでした。

 

また、Part.1では、音楽を題材に制作されているのでそちらもご紹介しておきましょう。

 

 

では、ム−ビ−をご覧下さい。

こちらでは、アートとしてのリミックスとただのパクリとしてのリミックスの違いなどを考察していきます。

まずその歴史として1970年代のLed Zeppelinの例に挙げていますが、Led Zeppelinは誰が聞いても分かる程に他人の曲を模倣(コピー)しているにもかかわらず、彼らはオリジナルの楽曲に対して一切の敬意を払わなかった。

そしてその模倣の仕方もちょっと加減するどころか全くもってストレートな模倣だった、、、、というややショッキングな問題例を挙げています。

そして80年代になり本格的サンプリングの時代がやって来て今度はLed Zeppelinの楽曲がサンプリングされる側になります。しかしLed Zeppelinは自身への防御のためか、訴訟を起したりする事は一切なかった。。。と言う内容です。

僕は、Led Zeppelinの曲は好きですが、この内容に関してどう捉えるかは、見た方の判断にゆだねます。僕にもどうなのか判断出来かねるので。。。

こう言う楽曲に関する訴訟は、数々ありましたよね。僕もいくつか思い当たる物があります。

また、サンプリングが流行った時に、使用許可をとらずに使用した元曲の権利を買いあさって、ヒットした楽曲の作者を訴えまくると言う弁護士がかなりいたと言う事も聞いた事があります。

サンプリングの場合は例え一部だとしても実際の楽曲の音源を使用する訳ですから、上記の映画の状況とは違ってきますが。。。

昔、友人のアニメプロデュ−サ−から僕らが子供の頃に見ていたアニメでは、この逆のパタ−ンが多くアニメをヒットさせるために原作の漫画を連載するパタ−ンも多かったと聞きます。多分、「宇宙戦艦ヤマト」の訴訟問題なんかは、この辺から来ているのでしょうね。

この様に、コンテンツを制作する上での難しい問題はたくさんあります。

USTREAMやYouTubeにアップする時は、その辺を十分に気をつけて使用するようにしなければいけませんね。

また、Kirby Fergusonは、「Goodie Bag HD」と言うVideo PodcastをiTunes Storeで配信しています。こちらも面白いものが16本アップされているので良かったらご覧になって下さい。

今回は、Facebookで友人になってくれた Kirby本人にブログにアップしていいか?確認してOKを貰った上でアップしました。

では、また〜(^-^)/

今日は、ちょっとこじつけも含めてのAppleに対する気持ちみたいなものについて書いてみたいと思います。

僕は、幸せを感じるには、いくつかの状況が充実している事が重要だと以前から考えていました。

1.家族や家庭が充実している:病気や争いのない、仲良く笑って過ごせる状態。

2.  プライベートが充実している:友人関係や恋人との関係が充実している。

3.  仕事が充実している:仕事内容や自分にとって満足出来る仕事に就けている。

4.  経済的に満足出来る状況:これは人それぞれだが、贅沢出来なくてもお金に追われることなく気持ちに余裕を持つことが出        来ている。

5.  いつも笑顔でいられる:精神的に安定していて、健康である状態。

これらの事が、揃っていてそれぞれが充実しているほど幸せを感じられるのではないかと思っているのです。

勿論、それぞれが絡み合っている場合もあるので箇条書きで書いたように一つ一つが独立している訳ではないのですが。。。

 

上の写真は、初代MacBook Airを発表した時のSteve Jobsの笑顔です。僕は、この時の嬉しそうな彼の顔が大好きで、今でもこの時のことが忘れられません。

さて、前述の幸せの定義をAppleがくれる幸せに置き換えて考えてみると。。。

1.   iPadやApple TVを通して、家族が皆で一緒に映画やゲームを楽しめる幸せ。

2.  iPhoneやiPad、そしてMacを通してTwitterやFacebook等SNSサービスでまだ会ったこともない人と繋がり、楽しめる幸せ。

3.  使いやすい Apple製品を使って仕事をすることで生産性が上がり、仕事をするのが楽しくなる幸せ。

4.  最近は、以前と違って昔に比べてApple製品も手が届きやすい価格になってきているので、お財布に優しい幸せ。w

5.  製品発表時にワクワクし、製品を購入するまで買った時のことを考えながらワクワクし、そして購入してから使い始めて感        じるワクワク感をくれる幸せ。(思わず、ニヤニヤしてしまうw)

Appleの製品には、いつも笑顔が有る。製品紹介の写真はどれも笑顔だし、手に取った人が笑顔になれるし、使った人が笑顔になれる。

これって、なんて素敵な事なんでしょう。

これからもAppleが発表する製品やサービスで、もっともっと笑顔を世界中に増やしてくれることを願います。

今日は、日ごろ感じてたことをこじつけてアップしてみました。

突っ込みどころは満載ですが、ご勘弁をw

では、また〜(^-^)/

ご無沙汰しております。

何か更新が滞った時の言い訳も毎回なんなので、マイペースなブログと言うことでご勘弁をm(__)m

前回のブログが、ずっとトップにあったので、予想が外れてショックでブログ更新出来ないのかとか思われそうですが。。。

まぁ、確かにちょっとだけ肩透かし感みたいなものはありましたが、皆さんの妄想 (お世話になっているNOBONさんがリンク集をアップしてくれています。僕の記事も掲載されています\(^o^)/) がAppleの発表を超えたかなぁなんて思ったりもしました。(爆)

それだけ、Appleの発表をみんなワクワク、ドキドキしながら待ってるって事ですよねぇ。

更新していなかった間にもAppleから多くの発表やアップデートがあり、その辺の雑感みたいなものとかを含めて今日はお届けしたいと思います。

先ずは、The Beatles。。。

 

Appleがあんな形で発表を予告する事はめずらしいので、世界中が振り回されたと言っても過言ではないと思うのですがw

実は、最初にそれを知った時には、「え?それだけ?」って思ったんです。

僕は、そんなにThe Beatlesに対して思い入れがないことも有り、ちょっとだけガッカリしたのです。なんせ今まで散々この噂は上っては消えの繰り返しでしたからねぇ。。。

しかし、思えば Appleにとって、いや Steve Jobsにとって歴史的に感慨深い発表だったのではないのでしょうか?

同じ名前をつけたばかりに、大好きなアーティストと、直接ではないにしろ争っていたわけですから。

でも、同じくNOBONさんがブログで書いていられるように、今まで空いていたコンテンツの大きな穴の一つが塞がったわけで、これを機に今まで配信されていなかったアーティストの楽曲が配信されるようになるかもしれません。( SONYの配信も始まると言う噂もありましたが、ホント早急にお願いしますよ〜。相当、売り逃してますからね〜。)

つまり、僕らの若い頃とは違って子供たちが音楽体験をしていく上で忘れられない日になった訳ですね。(^-^)

後、例の時刻表示は世界同時の意味もあったのでしょうが、これをもじったものだったんですね。流石にセンスがいいですよね。

 

 

前述したように、僕はThe Beatlesにあまり思い入れがありません。僕は、丁度ビートルズ世代と言われる人達のちょっと下なんですが、世の中にThe Beatlesの音楽が多くのカバー曲とともに町中に溢れている時代でした。つまり、敢えて聴こうとしなくても勝手に耳に入ってくるくらいの状態だった訳です。

特に、僕の周りのThe Beatlesを好きな人は狂信的なファンが多く超天の邪鬼な僕は「洋楽には他にももっと素敵なアーティストがたくさんいるもん!」とか思って食わず嫌いでいたのでした。w

なので、返って今回の発表に伴って配信されている AppleのHP内のThe Beatles特設ページのエド・サリバン・ショー出演直後のワシントンライブ『The Beatles. Live ath the Washington Coliseum, 1964.』は手放しで楽しめました。

この頃って、僕が2歳くらいの時だから勿論ビデオテープなんかないし、音はモノラルだし、多分その場でライブミックスされたものだと思うんですけど、音のバランスがいいし、演奏も曲の終わり方とかザックリ終わってるし。。。

でも、カッコいいんですよね。僕は、どちらかと言うとThe Beatlesのデビュー当時のパンクっぽい荒々しさがある曲が好きなのですが、リンゴのドラムがあんなにハードだとは思わなかった。w

そう言う意味では、改めてThe Beatlesを触れる機会をくれたわけで、僕的にも良い贈り物をしてくれたのかもしれないですね。

そして、iOSのアップデート!

マルチタスキングとフォルダ機能は、ホントに待ち遠しかったです。iPhoneで先に体験出来ていたから使い方も分かっているし便利になりました。最初は、フォルダの整理に手間がかかりますが、ある程度終わってしまえばなんとかなります。

 

AirPrintとAirPlayは便利そうなんですけど、今はプリンター持ってないし、AppleTVもまだ買えないので (TVも買わないといけないので。。。) まだ恩恵は受けられませんが、今後色々な場面で活躍してくれるでしょう。

iPadを探すの機能は、とても嬉しいですよね。遠隔操作でデータを消せるのも助かります。これのお世話にならないようにしないといけませんがw

と言う訳で、今更ながらの更新と内容でしたが今後も宜しくお願いいたします。

ではまた〜(^-^)/

 

Appleから、Mac OSX 10.6.5 アップデートがリリースされましたね。

僕は、調子の悪い MacBookの機嫌が良くなる事を祈りながら、毎回アップデートしているんですが、中々上手くはいきませんねぇ(><)

TrackPadの調子も悪かったので、延命策で MagicTrackPadを昨日買ってきました。( ̄◇ ̄;)

コンボアップデートはまだのようですが、先ほど待ち切れずにソフトウェア・アップデート経由でアップデートしちゃいましたw

勿論、お約束のアクセス権の修復を行ってからです。アップデート後ももう一回!(^-^)

今回のアップデートで、ディスクユーティリティーにMobileMeのiDiskが表示されるようになりました。これも何かの暗示なのでしょうか?w *その後標示されなくなりました。

あ、iOS 4.2は明日なのでしょうか?まだ出てないみたいです。それも楽しみですね。

さて、本題です。Facebookで紹介されていたのですが、Social Media Revolution (ソーシャルメディア 革命) の改訂版、Social Media Revolution 2の公式日本語版ビデオが凄くカッコよかったのでご紹介します。

Social Media Revolution は、既に300万回以上再生されたビデオだそうです。ビデオの存在は知っていたのですが、僕はちゃんと見ていなかったのでした。( ̄◇ ̄;)

ビデオは、Socialnomics (日本語版は「つぶやき進化論」)の著者、エリック クォルマン氏プロデュースで、最新のソーシャルメディア統計にアップデートされているそうです。

もう既にご覧になった方も多いと思いますが、まだ見ていない方は必見です。是非、ご覧になって下さい。

スピーディーな展開なのですが、字幕も付いているので内容的にはよく分かると思います。音楽も凄くカッコいいです。

しかし、この統計凄いですね。

目の付け所が、○○○って感じです。w

今日は、シンプルな内容でお届けしました〜!

では、また〜(^-^)/

追記:アップしてからの情報ですが。ついに日本のiTunes Storeで映画配信がスタートするそうです。Apple TVも今週発売されるそうです。\(^o^)/  詳細は、ネタ元のいつもお世話になっている「MacBookの小部屋」さんでどうぞ!(^-^)

また買いたいものが増えてしまった (><)

追記2:日本ではレンタルオンリーみたいですね。なんだかなぁ。。。 (><)

追記3:Appleのリリースに販売価格がありますね。どっちなんでしょうか?!

追記4:iTunes Storeで確認したところ、版権元によりレンタルオンリーのものと販売もしているものとがあるようです。音楽配信の時と同じでまた販売出来る作品数も拡大していくだろうと思われます。