BMW『1シリーズクーペ』と『1シリーズカブリオレ』の2011年モデルに、以前「iOS4 for Your BMW : BMWから発表された iOS4対応機能の凄さ !」と言う記事でご紹介した機能が搭載される模様です。全ての機能が搭載されるかどうか分かりませんが、YouTubeのムービーの詳細を見る限りTwitter、Facebookへの投稿やインターネットラジオへの対応をするようです。

では、ムービーをご覧下さい。

 

 

最後に、iPhone 3GSが出てくるのが笑えますね。何で新機能の紹介なのにiPhone4じゃないでしょうか?w

なお、2011年モデルは、内外装をリフレッシュ。外観は、ヘッドライトとテールランプのデザインを小変更し、LEDを新採用。フロントバンパーも新形状となり、「エアカーテン」と呼ぶ技術が導入された。

エアカーテンは、『1シリーズMクーペ』に初採用されたもの。BMWによると、フロントのホイールアーチ周辺の整流効果を高め、エアロダイナミクス性能を引き上げる効果を発揮するという。

インテリアは、シート地やドアトリムを変更するアップデートを実施。新デザインのレザー製スポーツステアリングホイールも用意された。

ガソリンエンジンのトップグレード、「135i」は最新世代のN55型直噴3.0リットル直列6気筒シングルターボ(ツインスクロールタイプ)を新搭載。最大出力300ps、最大トルク41.5kgmを引き出し、0-96km/h加速は5.1秒の実力だ。

2011年モデルの1シリーズクーペ&カブリオレは2011年春、欧米での販売がスタートする予定とのこと。(@via response.jp)

そして、BMW M GmbH(ビーエムダブリュー・エム)社が135iクーペを専用チューニングしたBMW 1シリーズのTOPモデル『BMW 1-Series M Coupe』がついにベールを脱ぎました。

 

BMW M GmbH(ビーエムダブリュー・エム)社は、BMW生産車の中でも特に高性能スポーツモデルであるMモデルの開発、限定モデルの企画、モータースポーツ用アフターパーツの研究開発、特別注文モデルの開発生産、顧客向けトレーニングスクールの運用等を主な業務としています。

 

 

ワールドプレミアは、2011年1月のデトロイトモーターショーとのことですが3回にわたってYouTubeでカウントダウン的に紹介されていたムービーをご紹介します。特に、3本目はオススメです。是非ご覧になって下さい。

先ずは、1本目 : 車もカモフラージュされていますが、とてもカッコいいムービーです。

 

 

そして、2本目 : 8カ国から招待された12名のカスタマー限定のテスト走行会の様子です。運転している様子とかが楽しそうですね。いいなぁ。。。

 

 

そして、3本目 : ついにその姿がベールを脱ぎます。イメージビデオ的に作られていますが、映画「トランスフォーマー」やAppleのアルミ製ユニボディーの工場のムービーにも通じる製造工程のイメージと走行シーンを組み合わせたムービです。しかし、映像の作り方が半端じゃなくカッコいいですよね。

 

 

トランスミッションは、6速マニュアルオンリーと僕的には7速DCT搭載したモデルが欲しかったと思うのですが、ハンドリングや足回り等 BMW M GmbH(ビーエムダブリュー・エム)社が相当力を入れて仕上げてきているみたいなのでとっても楽しみな車です。(@via EuroCarFans.jp)

と言っても、流石に僕は新車は買えないので、試乗だけでも出来ると良いなぁって思ってます。w

勿論、この車にもiOS 4対応機能は搭載されると思います。日本には、2011年秋頃に導入されるようです。

Appleも2011年初頭から次々と新製品や新機能、新サービスを発表してくれると思うと今からワクワクしちゃいますね。

では、また〜(^-^)/

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中