今日は、もう一つアップしますね。

以前「iOS4 for Your BMW : BMWから発表された iOS4対応機能の凄さ !」と言う記事でAppleのiOS4にBMWが対応した機能のお話をアップしたのですが、先ほどYouTubeでBMWのiOSデバイス対応アクセサリーの面白いムービーを見つけたのでご紹介します。

ムービーでは、iPhoneやiPod、iPadを始め、MacBookまでもDIYして自分の車に搭載してしまおうとする強者たちが次々に紹介されます。

トイレのつまりを直す吸盤や、板、鳩時計の振り子まで使って何とか搭載するのですが、中にはMacBook黒までトランクに収納してしまう強者まで登場します。上手くいってご満悦の様子が映し出されますが、所詮DIYと言うことで壊れたり、取れちゃったりしてしまいまします。

で、「そんな事しなくてもBMWの純正アクセサリーがありますよ!」って言う、落ちがシャレてます。

このムービーに出てくる「BMW Station for Apple iPhone」と言う、アクセサリーが凄くよさげだったので、調べたらiPodインターフェイスのページは見つかったんですけど、日本ではまだリリースされていないのか見つかりませんでした。まぁ、僕のは10年以上前のモデルなんで付くかどうかは分かりませんが。。。w

で、YouTubeでも調べていたら、先日記事にした内容とちょっと違っているのですが、 iPhoneにブルートゥースでコネクトして、様々な機能をiDriveやステアリング・ホイールのマルチファンクション・ボタンからアクセスしているムービーを見つけたので、ご紹介します。なんとメールの内容をText to speech機能で読み上げています。

また、更に進化した機能の「Voice Control System」の紹介ムービーまで見つけてしまいました。

これはホントに凄いです。車と対話しながらエンジンの状態等の情報を得られるだけでなく、iPodやiPhoneに入った曲の検索までしてくれ、アーティスト名を「Paul Coxだよね?」「Paul Coxです」なんて対話しているんです。先日記事にした「iMove : Appleが車をデザインしたら!? 〜 スマートフォン化する自動車! 」でご紹介したFordの技術の更に上を行くものです。まるで映画を観ているような感じで、こんな技術が搭載されたら素敵ですよね。

と言う事で、BMWの新機能をいくつかご紹介しました。

では、また〜(^-^)/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中